「努力目標」ばかり

こんにちは。ウィンサイト代表の小山です。

爽やかな秋の木曜日となっています。

今日は中秋の名月を見ることができそうです。

 

——————————————————-

 

立場上、スタッフに改善して欲しいことを伝えることがあります。

私は期待を込めて伝えるのですが、いつも努力目標ばかりお題目のように返してくる人がいます。

「できるようになります」とかなんとか。。。

 

私が欲しいのは具体的に「何を」「いつまでに」「どうやって」ということです。

昔から言われている5W1Hよりも簡単なことです。

 

 

「努力目標」ばかりいう人がいます。

ぜんぜん具体的でなく、いつも大タイトル的な発言ばかり。

 

会議なんかでこういう人がいると、私は決まって「いつまでに」「どうやって」「なぜ」と聞き返しています。

すると、ほとんどの場合、相手はフリーズし沈黙が続きます。

 

フリーズするというのは、結局は何も考えていなかったとうことを証明しているのに等しいです。

考えていないのに体裁の良い努力目標を発言しているだけです。

無責任極まりない。

 

こういうタイプの人が周りにいたら、静かに距離を置くのがベターです。

 

——————————————————-

 

(株)ウィンサイトのホームページ

(株)ウィンサイトのFacebookPage

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

無責任者の烙印

次の記事

向いている方向は?