どうなんでしょう。こうした書籍は?

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
明日は子供の日。
天気も良いようだから、絶好の一日となりそうです。
自分も遊べるかな。

—————————–

少し時間が取れたので、近所の本屋をブラブラしたり、
数年ぶりに小説を買ってみました。

本屋でブラブラしたら、数人立ち読みをしている人がいました。
「何よんでるのかなぁ」とチラッと横目で確認。
その方が立ち読みしていた本には「これであなたもスティーブ・ジョブズになれる!」と書かれていました。

・・・・これはなかなか面白い・・・・
どうやったら一人の人間が他の人間になり変われるのか。
仮面ライダーか何かのように「変身!トォー!」とポーズをすれば変われるのだろうか?
そうした方法が書いてあるのか。。。
「嘘丸出し」の文言に呆れてしまった。

「100円のドリンクを1000円で売る」とかいうタイトルの本もあった。
これは暴利をむさぼり過ぎだ!
書いてある内容はわからないではないが、そもそも100円で売れるモノを1000円で売るのはいかがなものか。
問題大有りではないだろうか。

「嘘」や「いけないと思われること」を堂々と書いてある本が書店に鎮座しているのはどうだろう。
子供の日を前に、一人の大人・親として思いました。

—————————–

(株)ウィンサイト

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ゴールデンウィーク

次の記事

いやはや。。。