ひとつの儀式

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
今日は寒~い一日でした。本当に寒かった。
11月も半ばを過ぎたのですから寒いですよね。
———————————-
自分は帰宅時にある儀式をしてから玄関のドアを開けるようにしています。
儀式というと大袈裟ですが、習慣のようになっています。


それは「深呼吸」です。
手を上げたりするモノではなくて、鼻から息を吸って口から長く吐くというモノです。
回数にして3回程度。回数は決めていません。仕事で嫌なことがあった時は5回程度に増えます。
仕事の状態を一瞬でもオフにしてから家に帰るために、この儀式をしています。
仕事のモヤモヤを抱えたまま、元気よく「ただいま!」とは帰れませんから。
これをしてから、少しの時間ですが仕事状態から解放されるようになった気がします。
ほんの少しの時間ですが、自分には貴重な時間となっています。
———————————-
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Life begins at forty.

次の記事

妄想する時間