「尊重する」ということ。

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
秋晴れの月曜日。少し遠出をする一日となりました。
電車に乗っている人たちも、いつの間にかコートを羽織るように。
もうすぐ冬ですなぁ。
———————————-
「人を尊重すること」は小学生の頃から言われていたことだと思います。
しかし、この「尊重する」ということ。とても難しい。


そもそも「尊重する」とはどういうことなのか。
「大切に思うこと」「優しく接すること」「気持を慮ること」「相手の状況を理解すること」・・・。
いろいろあると思いますが、「平等」というのが自分が思っている「尊重」です。
先生や生徒、上司と部下、親と子・・・、近いところで様々な上下関係が存在します。
しかし、その上下関係は生活や仕事の便宜上、そういう関係を人間が作り出しているのであって、
根本はどんな関係であれ「平等」なのだと思います。
そして、大人になるにつれて「自立」という概念が「尊重」に加わってくる。
「自立」をしていない大人は「尊重」されない。
なぜなら、そこには「平等」の関係が成立していないから。
自分の周りを見渡しても、「自立」していない大人は「尊重」されていません。
———————————-
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です