業者かパートナーか

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
雨の日に外出をするのは嫌なものですが、「雨も一興!」と思って出かけるようにしています。
そう思うと「雨」についていろいろと思いを巡らすことができるから面白いものです。
何事も前向きにとらえるのが一番なのでしょう。
———————————-
お客様にとって、単なる「業者」と位置づけられるか、それとも価値ある「パートナー」と成り得るかは、たったひとつの姿勢の違いだと思います。


お客様の言ったことだけをやっているか、それとも自分たちの価値をそこに付加して提案し実現しているか。
この違いだけだと思います。
究極は「これってどういう風にすれば良いの?」「こういうことは頼めるのかな?」というような
その時、お仕事で関係をしていなくても“困っているんだけど・・・”という問い合せをしてくれるかどうか。
こうなればもう「パートナー」と言えるでしょう。
そういう会社はあまりないです。
ウィンサイトはお客様にとってそういう会社でありたいと思っています。
———————————-
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です