醜態の極み。

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
また日本の国務大臣が任期の途中で退任しました。
日本の大臣というのは、名前ばかりの安いモノになり下がってしまったようです。
しかも後任者は3つの大臣の責務を担うとか。
その昔、国家を形作るために大臣として自らの命を賭けて政策を行った先人達や、
日本国の礎となって尊い命を捧げてきた人達は、今のこうした様子をどう見ているのでしょうか。。。
醜態の極み。恥ずかしい限りです。。。。。
————————————–
仕事には「緩急をつける」ようにしています。


いつも忙しくしているのもいけませんし、いつもゆっくりとしているのもいけません。
全ては大事な時に素早く動き、それ以外はリラックスして周囲をよく観察していることが大事だと思います。
全てのことを何でもかんでも同じスピードで、効率を上げて、と意気込んでやることはありません。
人間にしかできない生産性を目指せば良いと思います。
だって、人間なんですからね。
————————————–
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です