頭の体操

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
12月。師走が今年も始まりました。
ついこの間まで「熱いなぁ」と言っていたような気がします。
—————————
今、頭の体操のようなモノが流行っているそうです。
今日は私が以前、取り組んでいた頭の体操方法について書きたいと思います。
ちょっとした体操です。どんなモノかというと。。。。。


先ず書店に行って何でも良いから、目にした本を手に取ります。
本には必ずタイトルがあります。誰にでもわかる箇所に書かれています。
この書かれているタイトルについて、本の中身を見ずに、自分だったらどんな事を文章として書くか、ひたすら頭の中で集中してイメージします。
これだけです。
全く未経験の分野の本では難しいでしょうし、余りに最新の研究分野の本でも難しいですので、
とりあえず、最初は、自分の職業に関係している分野や興味のある分野について実施するとゲーム感覚で楽しく行えます。
頭を使って疲れたら、初めて本を開いて、目次や太字の箇所を読んでみて、自分なりの意見や反省をします。
直視して欲しいことは、自分がいかに「無知であるか」ということ。そして「知ったつもりになっているか」ということです。
これは私の経験からの意見ですが、何かの勉強会やセミナーなんかに参加するよりよっぽど頭を使います。
この頭の使い方は、会議のファシリテーションやディレクションを行っている人には極めて有効な方法だと思います。
一度、試してもらえると嬉しいです。
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

今年売れた本