ウィンニング・エッジ

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
そろそろ年賀状から寒中見舞いに代るころ。もうお正月から一週間以上経ったのですなぁ。
「ウィンニング・エッジ」という言葉があります。
「わずかな能力・スキルの差が、大きな成果の差につながる」という意味です。
つまるところ、企業や人にはそれほど大きな差はなくて、結果の差は「ほんの鼻の差」で決まるということです。
そして、その小さな差が大きな結果の差となるのです。
正にその通り!


往々にして、鼻ひとつ分で決まる競争に勝つために、毎日継続的に取組むべきモノに真摯に取組む必要があります。
ほんの少しだけ秀でることを目指せば良いのです。
今日、あるお客様と話していて、私たちの会社の方が他者よりもウィニングエッジを得ていると感じました。
勝負はやってみなければわかない。それはほんの「鼻の差」で決まる。
そのためにいろいろな調査をしたり考えたりしています。
そういうことをしていくれる人と今年は仕事をしていきたいと強く思いました。
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

自己概念

次の記事

暴君の組織論