経営者は短気だ。

ウィンサイト代表の小山です。こんばんは。
今は日曜日の深夜です。また一週間が始まろうとしています。
経営者は短気な人が多いような気がします。かくいう私もその一人です。
短気というか「短時間で判断する」といった方が適しているかも知れません。


自分の聞いたことに対して的確に返答が来ないと「もういいや」とすぐに判断します。
私の場合は、時間にしてほんの5秒程度でしょう。
回答をしている最中に「もういいよ」と何度も言ったことがあります。
幹になることだけで枝葉のような細かいことは聞きませんから、
すぐに的確な返答が来ないと「もういいや」となってしまうのです。
「人の話は良く聴け」と言われますが、聴かなくて良い内容をダラダラと聴いている暇は経営者にはないのです。
聴くべき内容と聴かなくて良い内容は、その場で即座に判断できるものです。
こういうことがどうして出来るのかというと、その物事について経営者は常に考えているからです。
考えていないモノについては、何事もじっくり聴く態度を示します。
単に自分の好き嫌いで判断している訳ではありません。
いつも考えていないような内容が返って来るから「もういいや」となるのです。
まぁ、経営者以外に常に会社のことを考えている人間なんていませんけどね。
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

経営者は大変だ

次の記事

ビジョンと覚悟と