文章を書くというのはとても難しいものです。

こんにちは。ウィンサイト代表の小山です。
今日はいつにも増して思い鞄を抱えて出社しました。
パソコンや周辺機器、文房具や書籍・・・。パワースーツが欲しいよ。
文章を書くというのはとても難しいものです。


私は文章の書き方を真剣に習ったことはありません。
でもその昔、新聞記者志望だった友人がとてもためになる話をしてくれたのを覚えています。
彼が話してくれた事をいつも実践するように心がけています。
その友人が話してくれたのは「一文目の存在理由」です。
「一文目は何のために存在するのか」ということです。
新聞記者志望だった友人を「流石に難しいことを言うなぁ」と思っていたのですが、
答えを聞いてなるほどと思いました。
その友人は「一文目は二文目を読ませるために存在する」と言っていました。
なるほどでしょ!
(私は「なるほど!」と思いました。同時に「誰に教わった?」とも思ったのですが!)
単なる挨拶でも次に進んでもらうために存在するのです。
それでは「二文目は何のために存在するのか」。
同じです。「二文目は三文目を読ませるために存在する」のです。
以降、最後までず~っと同じです。
仕事柄、営業やPRの文章を書くことが頻繁にあります。
その時は特にこの友人の言ったことを実践するようにしています。
せっかく書いた文章。最後まで読んで欲しいですからね。
■■
この友人に向かって、「なら一文で全部表現するれば良いじゃん」と言って
呆れられたのを鮮明に覚えています。。。
(株)ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です