株式会社ニクニ様
ニクニ様は、ポンプを中心にクーラント装置、ろ過装置、ポンプ応用装置等のトータルテクノロジーを開発し、精密加工技術で優れた製品で圧倒的なシェアを獲得し続ける川崎の優良企業です。今回は営業の最前線で文字どおり「世界を駆け回る」元気一杯の大崎荘一郎社長にお話をうかがいました。

 

 

 

株式会社ニクニ
代表取締役 大崎社長

https://www.nikuni.co.jp/

(Q 01)営業の最前線で、3D-CGをどのようにご活用されていますか?

展示会や本社展示スペースで常時展示し、プレゼンテーションにも活用しています。
デモ機だけに比べると、ビジュアルと音があることでお客様がご覧になっていただけます。
カタログだけでは説明しきれないところ、お客様の目的に合わせたところをCGでご覧いただき、理解していただけます。
また、「とにかく見てください」ということで、営業マンの説明にモレがなくなり楽になりました。

 

(Q 02)海外へのご出張、ご商談が多いと伺っていますが、 3D-CGはお役に立っていますか?

3D-CGは、すごくいいんじゃないですか。
とくに技術的な専門用語もある英語のナレーションは役立っています。
また、海外のディーラ様がカタログや営業マンの説明に増して勉強になり、理解ができて、お客様に説明できるようになります。

 

(Q 03)3D-CGをご覧になられたお客様の反応はいかがでしたか?

製品にご興味があるお客様には「非常に有効な営業ツール」となっています。
「一発」でお客様にわかっていただけて、今までの2倍ぐらいの効果を感じています。
また、カタログ、3D-CGなどの営業ツールをしっかり制作していることで信用度もアップします。

 

(Q 04)3D-CGを採用された意思決定の決め手を教えてください。

お客様にわかりやすく説明するという「これからの時代」を考えました。
今は、営業の仕組みにも改革が起きています。
営業マンを新人から3年かけて育てる時代ではなくなり「促成栽培」が求められています。
営業スタイルも「カタログ」+「CG」+「デモ機」の3点セットにシフトさせています。

 

(Q 05)これからの3D-CGなどのビジュアル化へのお考えを教えてください。

営業マンが動くときはご契約のときであり、それまではCGや写真などのビジュアル情報もホームページなどで積極的に公開していく方針です。

 

ウィンサイト担当者から

大崎社長様、超ご多忙なスケジュールの中で、お時間をいただきましてありがとうございました。
社長様自らがインターネットや海外でのビジネス環境などの「時代」を先取りする「営業の仕組みづくり」を常に取り組まれておられて、常に新しいことにチャレンジされる姿勢が、ビシビシと伝わってくるインタビューでした。
また、企業経営者という視点からの3D-CGなどのビジュアル化へのお考えなどもお聞かせいただき、大いに勉強となりました。
これからも、ウィンサイトは企業様の営業スタイルの改革にお応えできるように、よりよいご提案、映像制作をつづけさせていただきます。

お客様の声

お気軽にお問い合わせ下さい。03-5548-3843受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせ下さい。