兵どもが夢の跡

先週のこと。
DrinkJapan2017という東京ビッグサイトで開催された展示会にブースのプロヂュースをさせていただいた。
プロデュースしたお客様の展示会活動は大成功だったようで、それは嬉しいこと。
フォロー活動もしっかりやってもらって、大きな成果を出してくれたらと思います。

ただ展示会に関わるたびに思うことがある。

どうして3日程度でぶっ壊す造作飾りを、どこの企業も毎回毎回つくるのだろう?
環境問題に取り組んでいるとは言え、作って壊せばゴミは出る。
そもそもブース装飾って、今の時代、何の意味があるんだろう?
もっと手元に残るコンテンツにお金を掛けた方が、投資対効果は高いに決っている。
やはり見栄の産物なんだろうか。。。

すごく無駄な対象にお金を払っているような気がしてならない。
解体時にいつもそう思う。

小山文和@ウィンサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です