病院やショッピングモールなどの大規模施設のサイン計画からデザイン制作、工事までトータルに提供するサービスメニュー。これからの空間の有効活用に益々欠かせない「サイン計画」からスタートするデザインメニューとなっています。

 

 

 

初期サイン計画から携わることができれば、最適なサインデザインを提供できます。

病院、介護施設、ショッピングモール、遊園地など、多くの人が集まる施設では案内表示の出来・不出来がその施設の評判を決める要素ともなります。
少し振り返ってみて下さい。皆さんの施設は誘導案内がスムーズにできていますでしょうか?

最近、複雑な道順の建築物が多く、デザイナーと呼ばれる人たちの経験(カン?)から施設設計がされている傾向があります。
造作はキレイなのですが、スタッフの方々からは「使い勝手が悪い」「実情に合っていない」「再工事しなければならず、多くの費用が掛かってしまう」と言った話を伺います。
すべて「サイン計画」がしっかりとされていないことが根本原因です。
施設を活かし、施設に係るすべての人達に優しいサイン計画は、とても重要な要素です。

 

サインが最適であれば、施設訪問者・スタッフの方々、共に快適に効率的に過ごすことができる。

サイン計画では、必要な導線設計、利用者目線と人間工学的な視点からの案内看板(サイン)の設置位置・大きさ・向き、素材などを明確にします。
工事後の施設の修正に合わせた変更も容易にできるように、当初から想定しておくことも大事です。
しかし、こうした事項を疎かにして、「おしゃれ」「見た目がいい」「コストが安い」・・という理由で決めたために、後々、困っている施設運営者さんが多くいます。

 

サインは人が使うもの。ウィンサイトが活用する視点は「子供の視点」です。

新規でも修正でも、ウィンサイトはその施設に最適でルールに沿ったサインデザインを行います。
そして、ウィンサイトが一番大事にしている視点は「サインは人が使う」ということです。
この視点を省いてサインは成立しません。(でも、忘れられていること多いですよね。。。)
そうした時、ウィンサイトが活用する視点は「子供の視点」です。
「子供がわかるかどうか」「子供に見えるかどうか」「子供は勘違いしないか」・・・
この視点はあらゆるデザインに必要と考えますが、サインには最も欠けてはならない視点です。

 

ウィンサイトはすべての利用者目線での優しいサインデザインを常に心掛けています。
そうした優先順位を「人を大事にする」ことに置いているサインがお望みでしたら、ウィンサイトにお問合わせ下さい。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。03-5548-3843受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせ下さい。