ウィンサイトのデザインメニューを導入いただきたいのが、医療・介護施設です。
サイン造作からデジタルサイネージコンテンツの企画制作、アプリサービス、ARなどメニューを用意しています。
来院患者さん、入院患者さんの苦痛を取り除き、スタッフの方々の労力も軽減する。施設への優しいリノベーション的事業です。

 

 

来院患者さんの苦痛を取り除く、さまざまな病院コンテンツ映像の制作

病院にいくと誰もが待合の時間を苦痛に感じます。
最近は大型モニターが置かれてテレビ等が視聴できるようになっていますが、スマホを見て欲しい情報を閲覧している患者さんが多くいます。

ウィンサイトの映像制作は、患者さんの待合時間の苦痛を取り除き、安心して役に立つ時間に変換するための映像制作を行っています。
・自身が受診する先生のプロフィールと患者さんへのアドバイスなどのコンテンツ。
・症状をわかりやすく解説し、療養方法と注意点を教えてくれるコンテンツ。
・施設が行うイベントや催事の連絡などの連絡コンテンツ。
・・・ 等々、取り組むべきテーマは溢れるほどあります。

病院関係の映像作品も多く手掛けているウィンサイトの視点を活かした、患者さん向け映像作品を提供します。

 

患者さんの状況に合わせた映像マニュアルの企画制作

患者さんはその状況から、「通院中」「入院」「退院後」と3つの段階に分かれます。
それぞれの段階ごとに注意すべき食事、生活週間などがあります。
これまで、そうした内容は冊子で配布しましたが、これからは映像で配信する時代です。
患者さんの手元に、欲しい情報が、欲しい時に、必要な分だけ、届くようにする。
デジタル機能を活用すればそうした取組みは実現できます。

映像は紙媒体と比較すると、とても多くの情報量を、短時間の中に盛り込むことができます。
有効活用いただきたい最優先の媒体です。

Winsight_病院における映像の活用_配布用シート

 

病院・介護施設専用アプリの開発と運営

多くの人がスマートフォンを利用するようになりました。
好むと好まざるとに関わらず、病院も介護施設もスマートフォンを活用する方向に向かいます。

ウィンサイトは、スマートフォンを活用した病院・介護施設向けアプリの開発と運営を行います。
アプリであれば、制作した多くのコンテンツを、直接、患者さんにいつでも届けることができます。
患者さんはアプリのボタンをタップするだけで、施設とつながることができるのです。
患者さんにアプリを導入してもらうことで、施設にとっては商圏の維持も可能となります。

これからはアプリを有効的に活用した施設が、安定した運営を可能にすると考えます。
独自アプリの導入は数年後に本格化します。


ウィンサイトは自社発のアプリ・サービスである誘導型AR「YAJIRUSHI」も用意しています。
院内・介護施設内の案内アプリとして、来院、入院の方々のお役に立つサプリです。
ご検討下さい。

■ ウィンサイトの新誘導型AR YAJIRUSHI ページへ

 

お気軽にお問い合わせ下さい。03-5548-3843受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせ下さい。