ニチラク機械株式会社様。

ニチラク機械は、乳および乳製品を製造する機器ならびにプラントエンジニアリング、生産技術を主に食品加工企業様に提供し続ける、雪印グループで唯一のエンジニアリング企業です。

最近は、環境負荷低減、サニタリー性などの安全性を向上させる画期的な「NRKマルチミキサー」を開発し、食品加工のみならず注目が高まっています。

今回は営業の最前線でご活躍されています佐々木営業部長様と川上課長様にお話をうかがいました。

 

 

 

ニチラク機械株式会社
佐々木部長 様

http://www.nichiraku.co.jp/

(Q 01)3D-CGを大きく取り入れられた展示ブースに変えられましたね?

今までのDVD映像では、なかなかお客様を引き寄せられなかったので、新しく3D-CGのDVDを制作することにしました。

また、「NRKマルチミキサー」という製品は、外観はピカピカのパイプですので、お客様からの「中はどうなっているの?」というご質問にお答えしたかった。

今回制作した3D-CGで、このご質問にお答えして説明ができました。

 

(Q 02)できあがった3D-CGをご覧になっていかがでした?

正直なところ、最初はCGにしてどれほどのインパクトがあるものなのか疑問はありました。絵コンテでは、こんなに立派なCGができてくるとは思いませんでした。

1回の技術的内容の説明だけで、あそこまでのシナリオ絵コンテができてきたウィンサイトの理解力、技術力はすごいと思いました。

「NRKマルチミキサー」の仕組みが一発でわかったので、とても良いモノができあがりました。

映像は5分を超えるものですが、長さを感じさせないもので、弊社の技術者や技術顧問からも「わかりやすい」という評価でした。

 

(Q 03)展示会の集客、お客様への説明などで効果がありましたか?

おかげさまでFOOMA Japan 2008には合計で11万7,000人以上のご来場があり、当社のブースにも多くのお客様においでいただきました。3D-CGを展示した「NRKマルチミキサー」のパンフレットも準備した1,000部がすべてなくなってしまいました。

去年の展示では、お客様がDVD映像をご覧になってもそのまま行ってしまう感じでしたが、今年の3D-CGはお客様が最後まで黙ってご覧になっていました。

3D-CG映像の最初の部分をご覧になって、お客様から私どもの営業マンにご質問をいただくことも多くありました。

「NRKマルチミキサー」は外装があるので見た目ではわからない製品なのですが、3D-CGをご覧になられてわかっていただけました。

会社に戻られて社内で説明するために、今回の3D-CGをご希望されるお客様も多く、これからCDをお配りする予定です。

うれしいことに、テスト装置へのお申し込みも多数いただき、福島工場まで装置を見に来られるお客様もスケジュールに入っています。

 

(Q 04)これからの3D-CGなどのビジュアル化への取り組み、展開などは?

トップからは「展示会を毎年進化させるように!」と言われています。

今回は「NRKマルチミキサー」のビジュアル化でしたが、チーズ生産向けの機器などにも取り組みたいと考えています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ウィンサイト担当者から

佐々木部長様、川上課長様には、営業活動でお忙しいところ、お時間をいただきましてありがとうございました。

外見はピカピカの1本のパイプのかたちの「NRKマルチミキサー」をいかにしてニチラク機械様のお客様に伝えることができるのか?この3D-CGにお客様が立ち止まり、ご覧になってくださるのか? 内心「ドキドキ」でFOOMA Japan 2008の展示ブースに伺いました。

今日は、展示ブースに多くのお客様が来られて、「NRKマルチミキサー」の3D-CGがお役に立ったとのことをお聞きして本当に良かったです。

3D-CGをご覧になられた多くのお客様から展示ブースの営業担当者にその場で「質問、問合せ」があったと伺いまして、展示会向け3D-CGの使命を果たせたものと思います。

これからも、ウィンサイトはお客様のお客様に「わかりすく伝え」て「質問」を引き出せるビジュアルコンテンツの企画・制作に全力で取り組ませていただきます。

 

お気軽にお問い合わせ下さい。03-5548-3843受付時間 10:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせ下さい。